http://robinnson81.blog70.fc2.com///お帰りロビンソン2
 腐女子視点で愚痴愚痴萌え語りとかアニメ感想とか本の感想とかほざいてるブログです。美容の話もあり。
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/03/14 (Tue) 長野県松本市に行ってきました。
 昨日まで長野県の松本市に行ってました。

 特急あずさに乗って行ってきました。一泊二日。車がないので松本をうろうろするしかないんですが、松本だけだとそこまで観るところがないですね!笑 松本城! 完! みたいな……。軽井沢とかの方にいってサイクリングなどした方が楽しいかなという印象。松本はほぼ雪も降らないみたいなので、冬でも普通の装備でオーケーです。

松本城

 松本城。城です。混んでいます。階段を登って天守までいけるのですが、その階段が恐ろしく急です! 勿論写真をとる余裕などなかったので写真ないです! 怖かった……。
もとき

 信州といえばそばです。松本城の近くにもときというソバ屋があります。友達がここは口コミもいいし人にすすめられたというので行ってきました。おいしかったです。おすすめです。

 宿は玉の湯というところに泊まりました。貸し切り露天風呂がある宿なのですが、脱衣所が外にあるので、鬼のように寒いです。冬は無理です。本当に無理です。入ったけど!! あと湯船にはいると景色そんな見えない!笑
 料理はふつ~だけど、個室っぽくなってるので他の人を気にしなくていいので良いです。肉がおいしかったです。

 二日目にして行くところがなかったので(装備が普段着すぎてハイキング的なものは無理だったため)アルプス公園に行きました。バスが松本駅から一日二本ほどでていますが、まあ待ってらんないのでタクシーで行きます。山の上にあります。まず、見晴らしがとてもいいです。長野の山々を一望できます。
アルプス公園

 アスレッチックがあります。平日で空いていたので子供に遠慮せず大人も遊べます。ブランコ! 滑り台! 他よくわからないロープなど! これが……存外楽しかったです。ブランコを十数年ぶりにこぎました。他にも410円で長い滑り台を滑ったりできます。カートのようなものに座って滑るのですが、ディズニーランドのアトラクションのように道中写真をとってくれるサービスつきです。撮影はただで、100円で自分のケータイにとりこみができる仕様。勿論撮ってもらいます。撮影ポイントは秘密。この撮影ポイント秘密仕様が困りものでした。ジェットコースターレベルのスリルがあれば「キャー」等いって騒ぐんですが、いうて滑り台なので、散々この世の辛酸舐めてきた大人からすると騒ぐほどでもないのです。1人1台(二人乗りもできる)なので近くに友達もいません。そうすると……真顔になる瞬間があるじゃないですか。一応アンパンマンの置物があやしかったので笑顔を作ってみたのですが、アンパンマンの置物は本当にただの置物だったらしく、私は完全真顔の写真がとれました。完。
 公園は東京ドーム十何個分のサイズらしく、かなり広いです。私たちは薬草園があると案内に書いてあったため観に行くことにしたのですが、子供たちがわーわーやってるアスレチックゾーンの先にはかなりの急こう配がありました。「山だこれ……」と思いながら一生懸命くだり、やっとたどり着いた薬草園!!

薬草園

 枯れてる……。
 冬だしね。

 そうして枯れ地を鑑賞したあとは激坂を今度は登らねばなりません。きつい。とてもきつい。入口のアスレチックで体力は既に限界を迎えていました。ただのおしゃれスニーカーで一生懸命坂をのぼり、靴は砂で茶色くなり、やっと登り切った時にはもう死んでました。
 そんなこんなで公園を楽しみ、帰りはどんぐりという松本駅前の洋食屋でご飯をたべ(写真なかった)帰りました。ちゃんとハイキング装備があれば、上高地とかでハイキングしても良かったかな~。でも楽しいよ。アルプス公園
スポンサーサイト

2017/02/16 (Thu) レインマン
クリックアマゾン


 やっと観たよ。クズの主人公が生き別れてた自閉症のアニキと再会して変わっていく……! のはいいんだけど、いいに決まってるんだけど、クズの期間がなげーのよ。見てるのが苦痛なの。早く良いやつになってよ!!!

2017/02/13 (Mon) 聖の青春 映画と小説の感想です。

 ヨクサルがハチワンやってた頃?に受けたインタビューで、聖の青春と将棋の子が好きだと話していたんです。それからずっと読みたいな~と思っていたら先に映画になってしまった。
 映画を見に行ったあと、原作も読みました。本が本当に良かった。去年読んだ本の中で一番好きだった。村山と師匠の関係が愛情にあふれてて、フィクションでここまで厚みのある人と人との繋がりを描いてるものって読んだことないです。二人が実在する人間だからこそ本当に赤の他人の子弟同士がここまで深い関係になるっていう物語じみた話が、真実っぽく見えると思います。いや本当の話なんだけど。事実は小説より~だなぁと。子弟の愛ある関係だけじゃなく、村山の将棋に対する本気が文章から伝わってきて熱かった。これは本当におすすめなので、読んで欲しいです! この人のいないブログに書いてもしょうがないけど! 運悪くたどり着いてしまった人に言いたい! この本読んで!

 でこっから文句大会なんですが、映画がさー。だめだったの。原作未読で映画みて「何この映画やばくね」と思い、もやもやしながら原作を読んで、上述した通り大感動したんです。そうして気づいたんです。あの原作からこれが錬金されちゃったのかと……大失敗じゃねーか……。
 昨今は邦画ができると俳優がバラエティに出まくり宣伝を行うのが通例。私はバラエティ番組好きなんですが、映画公開前、バラエティのゲストは松山ケンイチ一色。そして話題といえば松山ケンイチが村山を演じるために増量したというものばかりでした。村山は腎ネフローゼという病のために太っているのです。デブは痩せろとネットで暴言を言う人がいると「病気とかで痩せれない人もいるんだよ!」と超少数の例をあげて反論する人がありますが、その超少数に含まれるのが村山なのです。村山が痩せてたら話にならないので太ってくれたのはいい。私ははじめから太ってる人を選べばいいんじゃねーの……? いるでしょ……? といつも思ってるけど、まあいい。いいどころかこの映画の良かったところって松山ケンイチのビジュアルが村山にちゃんと寄ってたところぐらいです。村山かわいかったね。人にかまってほしがって、構ってくれないと「東京の人は冷たい」って言ったりね。
 原作の感想の後に映画への文句を書きつらねると原作読んだからギャーギャー言ってんでしょ? 原作通りにやってもしょーがないじゃんと言われそうなんですが、この映画はそうじゃないのです。私は原作読んでない時もおかしいと思ってたの。何がおかしいと思ったかというと、モノローグです!!! 日本語で独白! 話の序盤はモノローグはほぼなく(確か)、物語の終盤で唐突にモノローグがばんばん挿入されだし、村山の死に際の対局の内容・心情等を教えてくれます。なんかそれも「急に駆け足になった感」がありあまり好きじゃないんですが、それはいい。それはいいんだけど、それはもういいんだけどね。問題は、このモノローグ、誰が言ってんすか!?!?!?!ってことなの! 男性の声なんですが、マジでわからない。死んだ村山が言ってんのか、はたまたそのお友達が言ってんのか、いろいろ考えるけどわからない。なんか心情も語ってたと思うけど(うろ)、それは一体誰の気持ちなんですか? ということが気になって頭に入ってこない。わざとわかんなくして最後にネタばらしするのかと思いきやそれもなく、今でも誰が喋ってたのか私はわかりません。これがまず超だめだと思った。最初にワンカット喋ってるやつの顔をいれるとかして誰が話してるかをはっきりさせようよ。国語苦手かよ。
 このモノローグのだめさが強烈すぎて他のところがややどうでもいいんだけど、古本屋の美少女との叶わぬ恋のエピソードとか観た瞬間に「これぜってぇ原作にねぇだろ」とわかるくらい安かったです。元の話がめちゃくちゃに濃いんだから、そこにとって付けたような作り話足したらおかしくなるのは当たり前だと思う。監督の意向なのかスポンサーの意向なのか興味もないですが、どうっっでもいい恋愛要素の挿入っていうのはどうしようもないのかね。まあ本当にどうでもいいや……すっげ時間の無駄って感じだったよ……。

 原作読んでから「ああ~やだ~」と思ったところ。そもそもの話が違うんですよ。映画の村山は羽生に勝つことを人生の目標にして「羽生に勝って名人になってやる」と燃えてるんですが、実際村山は結構……結構羽生には勝ってるんだ……笑。そこまで話を単純にしなきゃいけないかなぁと思うんです。客ってそんなにバカかな!? 話を羽生と村山のド単純なライバル話にしないと理解できないくらい、頭悪いかなぁ!? 話を面白くしようとしたのかもしれないけど、別になってないと思います。

 結局松山ケンイチやら東出くんやら若手の俳優様たちのプロモーションにこの話が使われただけのようで、本当にムカつきました! 以上です!

2017/02/12 (Sun) 沈黙 サイレンス 観に行きました
 遠藤周作のファンなんです。映画館に観に行きました。
 日本人が本当の意味でキリスト教を理解できないように、西洋の人か遠藤周作を理解するのも無理なんじゃないか? としみじみ思った……。ラスト、ロドリゴが密かにイエスの像を抱いて仏教式に荼毘に付されるシーンで終わるんですけど、つまりどんなに痛め付けられようと、神父の心にある信仰までは汚せないといいたいの? 日本にキリスト教か根付かないように、神父の心に日本の宗教は馴染まんといいたいの? どっちでもいいけど、このラストは絶対ちがうと思うのよ!!! 沈黙を読んでこのオチにたどり着いた意味が私にはわからんよ。神父が転んでからのエピソードの全部が絵にかいたような蛇足。
 沈黙はタイトルの通り、「なにゆえ神は沈黙するのか」という話だと思うんです。宗教を批判するとき大体の人がまず持ち出す「祈ったって神は助けてくれない。神なんていない」っていう批判に対して答えようとした話だと思うんです。それが……それがどうしてこうなるんだ……。がっくり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。